blog index

六本木中学校PTA

広報IT部より六本木中学校の様子をご紹介していきます。
当ブログ内に掲載されているすべての写真・文章のコピー、無断転載、転用を禁止します。
開校20周年記念の年の、そして平成最後の六中運動会は、記憶に残るすばらしい運動会でした

梅雨入り、台風接近、未明の雷、、、とお天気が心配されましが、運動会当日は晴天に恵まれ、真夏のような暑さの中で開催されました。

 

今年の目玉は、開校20周年記念運動会ということで、生徒たちの発案から生まれた、紅白の応援団を中心とした応援合戦。初めての試みに、応援する生徒たち、そして見守る先生方や保護者もドキドキしたのではないでしょうか?
始まりこそ、すこ〜しぎこちなさがあったかもしれませんが、競技が進むにつれ、各組の声援は自然に大きくなっていきました。そしてその応援に呼応するかのように、ひたむきに競技する生徒たち。会場中が盛り上がっていくのを感じました。まさに校長先生がブログで書いていらした「一体感」の源になっていたと思います。

 

 

昭和の香り漂う懐かしい歌謡曲「学園天国」の替歌が応援歌として使われ、そして今年引退する安室奈美恵のリオオリンピックのテーマ曲「HERO」が表彰式のBGMでした。2年後には東京オリンピックが待っています。良き伝統を引き継ぎながら、新しいことにもチャレンジした今年の運動会。過去から未来への頼もしいバトンリレーをみているような、記憶に残るすばらしい運動会でした。

 

男子生徒全員による競技『チョモランマ制服』

女子生徒全員による競技『ボーッと綱引き』

3年生全員競技『蛇の皮むき』

2年生全員競技『TORNADO SPIN』

1年生全員競技『六本木の渡し』

 

全校生徒による、恒例の『ムカデリレー』。

朝練で連日練習した、汗と涙の結晶です!

そして、全校生徒と保護者による『綱引き』。

場所交代時の、紅白両チームによるハイタッチが微笑ましかったです。

音楽部は入場行進のマーチングに始まり、昼休みの演奏と大活躍。

部活対抗リレーでは、3年ぶりにパフォーマンス賞を受賞しました。

結果は、総合優勝白組、そして応援優勝は紅組。

勝って嬉しい、負けてもなお清々しい、そんな感動が残りました。

 

| 六本木中学校広報IT部 | 2018年度広報 | 14:00 | - | - |
移動教室に出発しました

 

 1年生移動教室

眠い目をこすりながらも、元気に出発!

六中の一年生も入学してからあっという間に一か月が過ぎました。

中学校生活にやっと慣れてきた頃と思いますが、今日から3泊4日の

移動教室です。

雨天のため登山は断念することになりましたが、アドベンチャープロ

グラムやナイトハイク、ネイチャークラフト体験、森林体験、ほうとう

作り等日頃の生活では体験できないようなプログラムが盛り沢山です。

出発式では校長先生より『どういう風に行動するとみんなが気持ちよく

過ごせるか考え「楽しかった!」と心から思える3泊4日にしよう。

みんなで思いきり楽しんでこよう』とお話がありました。

その後「集合時間に遅れる等スタートでちょっと失敗してしまった人

もいますが、3泊4日の中で挽回して元気に解散式が出来るようにし

ましょう」と、ピリリと気が引き締まる担任の先生からの言葉を合図に

引率の先生方や看護師さんと一緒に53名の生徒が2台のバスに乗り込

みました。

日曜日の早朝ということもあり、生徒達は皆何となく眠そうで、声にも

いまひとつ力が入らない様子でしたが、移動教室で沢山のことを吸収し

て、元気にこの場所に帰って来るのが楽しみですね。

行ってらっしゃーい、1年生!

 

 

 

 

 

| 六本木中学校広報IT部 | 2018年度広報 | 12:00 | - | - |
離任式

5月1日(火)

 

「おかえりなさい」K先生、I先生

 

初夏を思わせるような陽気の中、

音楽部の顧問や学年主任として

7年間お世話になったK先生

美術部の顧問や生徒会活動を中心に

6年間お世話になったI先生

をお迎えして離任式が行われました。

六中を離れて新たな職場でご活躍されている先生方

ですが渡り廊下の「おかえりなさい!」には思わず

胸がキュンとなったとか。

両先生方から心温まるご挨拶を頂きました。

 

<K先生より>

六中の皆さんは感性がとても豊かで、それを表現する

力があります。中学生ってこんなすごい力を持ってい

たのか・・年を追うごとに嬉しい驚きが更新されました。

先生にとっても素晴らしい財産となる7年間でした。

新しい中学でも様々な場面で六中を感じる事がありますが

区内の音楽行事等を通して、これからも六中皆さんの活躍

を見守っていきたいと思います。

<生徒代表より>

先生は目を合わせるだけでパワーをもらえる様な大きな

存在でした。お会い出来なくなったのはとても寂しいです

が、音楽を通じてこれからもきっとどこかで見て下さって

いると思って頑張ります。

 

<I先生より>

六中ではまさに国際色豊かな生徒達と出会いました。

こうした出会いを通して、この学校は人の心を伸びやかにする

気風がある中学だな、と改めて感じています。

今、世界では国対国で大人達が難しい問題を数多く抱えていま

すが、各国から来た仲間と自然に仲良く過ごしている六中の生徒

達こそ未来の平和を築いていく人達になるのだろうと思います。

明るい日本や世界をリードするように、その伸びやかな心で

これからも頑張って下さい。

<生徒代表より>

日本語が苦手な私達にも部活中にお化けの楽しい話を聞かせて

下さったり、いつも温かく見守って頂きました。

本当に有難うございました。

最後は校歌斉唱、そして生徒全員で花道を作り拍手で先生方を

お見送りしました。校舎の外では卒業生達の姿が数多く見受けられ

六中の先生方と生徒達の温かい絆を感じました。

| 六本木中学校広報IT部 | 2018年度広報 | 13:13 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

bolg index このページの先頭へ